自律神経失調症治療マニュアル


自律神経失調症・不眠症・更年期障害・不安神経症・パニック障害・あがり症など。元をただせばみーんな自律神経の狂いから来ている現代病。

良い医師にめぐり合うのは至難のわざです。 少しでも早く正しい治療法を見つけ出して、自分の力で直すための究極のマニュアルです。



管理人・tomo

10年前から、次々と襲って来る体の不調に悩まされ、自律神経の不思議と戦ってきた40代自営業の主婦です。サプリと漢方を使った色々な知識が蓄積しています。もっと早く知っていれば・・・と思う治療法がたくさんあります。心と体を根本から治すため、一緒にガンバロー!!

●冷え症    
自律神経失調症の治療方
●サプリメント
●自律訓練法
●筋弛緩法
●EFTとTFT
●自律神経爪もみ療法
●イメージング
●ツボ押し
●EFTとTFT
●バッチフラワー
  

自律神経失調症を治療する漢方薬

漢方薬
 ├ 半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう)
 ├ 加味逍遥散 (かみしょうようさん)
 ├ 加味帰脾湯 (かみきひとう)
 ├ 桂枝加竜骨牡蠣湯 (けいしかりゅうこつぼれいとう)
 ├ 五苓散 (ごれいさん)
 ├ 四逆散 (しぎゃくさん)
 ├ 葛根湯 (かっこんとう)
 ├ 抑肝散加陳皮半夏 (よくかんさんかちんぴはんげ)
 ├ 酸棗仁湯 (さんそうにんとう)
 ├ 女神散 (にょしんさん)
 ├ 四物湯 (しもつとう)
 ├ 半夏白朮天麻湯 (はんげびゃくじゅつてんまとう)

スポンサードリンク

女神散 (にょしんさん)

自律神経失調症では多くの人が、冷えやのぼせなど、自分の体温を上手に調節出来ないための症状を持っています。

女神散(にょしんさん)は血行をよくするもの、水分循環をよくするもの、胃腸の働きをよくするものなどの効能のある漢方を調合してある漢方薬です。

女神散(にょしんさん)は昔、武士が戦場での神経症を治すために服用したことから、武士の精神安定剤ともいわれていました。

戦国時代などは、恐怖で戦いにおそれを抱いてしまう人たちに処方されていたそうです。
現代の精神安定剤と同じですね。

加味逍遥散に近い薬ですが、特に女性の神経症、不眠、精神不安、頭痛などの精神不安症状が強い場合。
冷え症や生理不順、更年期障害のときに多く使われて効果を発揮しています。

体の冷えから不調がどんどん広がってしまうことが多いので、手足がひえるなーと思ったら、放っておかないことです。

こまめに足湯などで温めてあげましょう。

私も半端じゃない程の冷え性人間でしたが、それをずーっと何にもせずにいたせいで、症状が悪化していったように思います。

自律神経の治療には、まず漢方薬などとともに血行を良くすることがとても大切です。

Copyright (C) 自律神経失調症治療マニュアル All Rights Reserved.
inserted by FC2 system